PROFILE

STORY

大島 治彦

1967年2月7日、佐賀県に生まれる。

ボクシングジムを経営するかたわらラグビーの指導者もしていた父の影響で、幼少期はやんちゃなラグビー少年として日々泥まみれ土まみれになりながら伸び伸びと過ごす。

ドラムとの出会いは14歳、中学2年の時。初めて叩いた瞬間に全身を貫いたそれまで味わったことのない感覚に「これで食っていく」ことを決め、その晩両親にそれを話して以降、寝ても覚めてもドラム一色の生活となる。
18歳の時、当時福岡で最大の動員数を誇っていた伝説のバンドThe Highのリーダー千葉氏から、ほとんど面識がないにもかかわらず突然の電話があり新たなドラマーとして誘われ、東京ツアーを条件に加入を承諾。その後数年間The Highでの活動を経て脱退、一部のメンバーとともにThe Doctorsを新たに結成。この頃から作詞作曲を始める。

大学卒業後、22歳でThe Doctorsのメンバーとともに上京。ボーカルが脱退し、スマイリー原島氏が新たに加入、Smiley & The Doctorsとして活動を開始する。その後は、PANTA氏(頭脳警察)、柴山俊之氏(ex.SONHOUSE)、泉谷しげる氏など、日本のロックの礎を築いてきたミュージシャンから次々にオファーを受け、レコーディングやツアーに参加。さらに33歳の時、アキマツネオ氏(ex. Marchosias Vamp)のバンド、AKIMA&NEOSに加入。これが現在のRama Amoebaにつながる。
以降、ドラマーとして数多くのバンドを結成、また加入し、ほとんどのバンドで歌詞や楽曲の提供も行ってきた。
これまでに参加してきたバンドはThe Willard、The LEEDS (with 中谷ブースカ氏 ex. ANGIE、穴井仁吉氏 ex. The Rockers)、THE PRODIGAL SONS(with 森重樹一氏&松尾宗仁氏 ともにex.ZIGGY・ジェイムズ氏 ex.The Street Sliders)、VooDoo Hawaiians(with 中山加奈子氏 ex.プリンセス・プリンセス)、ROLL OVERS (with 水口晴幸氏 ex.COOLS)、Dragon Soul Heads、SPIDER、Pirate Love(with 鶴川仁美 ex. The Rockers)Rama Amoeba(with アキマツネオ氏 ex. Marchosias Vamp)、舞士(with 藤沼伸一氏 ex. アナーキー)、三代目濱田魚武、Ruby、BLUES LION、Zi:LiE-Ya(以上 with 柴山俊之氏 ex. SONHOUSE)、Respect up-beat(with 広石武彦氏 ex. UP-BEAT)、Devils with a blue dress など。また、清春氏(黒夢、SADS)、ROLLY氏、西城秀樹氏にはレコーディングやツアー時のドラマーとして関わっている。
活動の場は日本国内だけではなく国外にも及んでおり、海外ミュージシャンに招かれ海外でのレコーディングやツアーに参加したことも。

2010年、プライベートでNYに旅行した際、偶然故ウォルター・ルー(ex. Johnny Thunders & The Heartbreakers)と知り合い意気投合。2012年のウォルター来日時、また2015年のウォルター&サミ・ヤッファ(ex. HANOI ROCKS)来日時にバンドのドラマー兼プロモーターとしても活躍。若い頃憧れていたミュージシャンとの共演を次々と果たす。2021年からはex. レッドウォーリアーズの小暮“shake”武彦氏とダイヤモンド・ユカイ氏の新バンド・Diamond Shakeに加入。名実ともにロックンロールドラマーとして世界を舞台に活動している。

バンドが解散するとせっかく書いた曲も詞も埋もれてしまうこと、また自分が書いた歌詞を一番伝えたい通りに伝えられるのは自分だと急に思ってしまい、2012年より、地元佐賀、福岡をはじめ東京、名古屋、大阪などで弾き語りのライブを始める。
2015年、Rama Amoebaのツアー中に体調を崩し緊急入院。透析治療を開始。
2017年には念願だった自らがボーカルとギターを務めるバンド、The Deal is HARUHIKO OHSHIMA.を結成。2018年2月7日、51歳の誕生日に満員の吉祥寺GBにてミニアルバムの発売とファーストワンマンライブを行う。2019年5月、ウォルター・ルーに招かれ、ウォルターのバンドTHE WALDOS とともにニューヨークにて2度のライブを行う。現地で透析を受けながらのこのツアーではクラウドファンディングにチャレンジし、目標金額を大幅に上回る支援を集め、多くの人々に支えられて大成功をおさめた。
2020年のコロナ禍以降はいち早く配信ライブの可能性に着目し配信ライブや配信番組企画をスタート。これら配信をはじめ、月に一度の弾き語りライブなどを通して着実にファンを増やしている。

現在の活動バンドは、ボーカル/ギターとしてThe Deal is HARUHIKO OHSHIMA.。ドラマーとしてRama Amoeba、舞士、Respect up-beat、Ruby、Diamond Shake。さらに作詞家/作曲家/プロデューサーとしても多くのアーティストと関わり、多彩な音楽活動を展開している。